さいたまにあTOP >> 遊ぶ

ちょっとゆるめの川遊びスポット 高麗川

13822views

このエントリーをはてなブックマークに追加

地元では知らない人はいませんが埼玉県下では多分まったく無名に近いであろう
川遊びスポットをご紹介します。

「高麗川右岸環境側帯」という場所です。

高麗川と書いて「こまがわ」と読みます。
カヌー遊びはできないし、キャンプ場はないし、舟で川下りもできません。
でも夏休みには近所の子供たちが毎日やって来て生き物を捕ったり頭まで浸かって遊んでいます。

桜の季節には巨大なビニールシートを広げての大宴会が繰り広げられ、BBQ組も大勢やってくる場所ですが、
桜も終わった平日の昼間となるとこんな感じです。



広いでしょう。気持ちのいい場所なのです。もちろん川の近くまですぐ降りて行けます。



河原です。小学生が数人集まればたいてい石投げで何回跳ねるか競争が始まります。
水質はいい方だそうです。ここはもうだいぶ下流の方なのでアユが住むような清流とはいきませんが、
子供らはざぶざぶ突進して行きます。

深い所でも小学生の腰あたりまであるかないか、流れもゆるやかで子供達は虫取り網や小さな水槽、おもちゃみたいな釣竿等で一日中遊んでいます。土手滑りも定番の遊びで、ソリやダンボールで何度も滑り降りています。
子供達が川で遊んでいる間に親はBBQの準備という光景もよく見かけます。



河原から堤を見上げたところ。上の方に並んでいる木は桜です。



堤のてっぺんはサイクリングロードになっています。



桜の木の下にベンチが並んでいます。屋根のある所もあり、お弁当を食べたりするのにいいですね。
トイレは2ヶ所、その近くに水道があってBBQの人が鉄板を洗ったり、川で水浸しになった子供が手足を洗ったりしています。



桜の木で隠れていますが、左奥の建物がトイレです。

無料の駐車場が2ヶ所あり、利用時間は午前9時から午後6時(10月1日から3月31日までの期間は午後5時まで)です。
ただ桜のシーズンは花見客ですぐ一杯になって路上に車が溢れます。
電車を使うと大人の足で最寄駅から20分ほどで着きます。

おすすめの遊び方としては、昼食を用意して平日午前中に車で来るのがいいです。
持ち物に着替え一式は必須です。
川面が見える場所にシートを敷いたり簡易テントなどを立て、
川遊びする子供たちを見ながら親はのんびり、なんていうのはいかがでしょうか。
お金をかけずに一日過ごせます。
大人だけで来るならやはりBBQですね。

場所は坂戸市内です。ちょっと、いやかなり辺鄙な場所だと言わざるを得ませんが、穴場と言えば穴場で、
近隣の市の方に本当におすすめしたい場所なのです。

住所は埼玉県坂戸市泉町3丁目となっております。
グーグルマップで出る「高麗川右岸環境側帯」のポイントから南へ少し行ったところに駐車場はあります。
「坂戸市立桜中学校」グランドの南側に位置してます。
「坂戸市環境学館いずみ」という施設がすぐ東側に隣接しています。
この駐車場から小さな道路を渡ってすぐ土手へ登れます。
300m南に第二駐車場もあります。

ナビを使うなら「坂戸市立桜中学校」と打ち込むのが簡単です。
関越自動車道・坂戸西スマートICか鶴ヶ島ICで降りて39号線に乗り、坂戸中央地下道交差点を北へ曲がります。
学童保育所を越えたところですぐ左折し、真っ直ぐ走ると到着ですが、左折する場所がすごく細くてわかりにくいので
ナビを頼ってとにかく桜中学校まで辿り着きましょう。
最寄駅は北坂戸駅となってます。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年05月21日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。