さいたまにあTOP >> 遊ぶ

夏じゃなくても楽しめる!川越水上公園

826views

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校1年生の娘を連れて川越水上公園(埼玉県川越市大字池辺880)に車で行ってきました。
その名の通り、夏場のプールでは有名なようですが、春のこの時期はどんな公園なのか?

その日はフリーマケットが開催されたいましたが、駐車場はほどほどに空きスペースもあり、特に不便は感じませんでした。
駐車場から公園のメインエリアまで10分程も歩くはめに…、後で気が付きましたが通い慣れた人は公園ロータリーに車を停め、徒歩1分でメインエリアに行ける賢い方法もあったようです。

芝生広場のようなスペースは少なく、子供とボール遊びをするような雰囲気ではなく、せっかく持参したラケットの出番はありませんでしたが、メインエリアの中央には大きな池を発見!そこには貸しボートがたくさん!!
それを見つけた娘は大喜びで「乗ろう乗ろう」と引っ張って行かれました。



貸しボードは乗り場の前の小屋でチケットを買います。
①白鳥デザインでペダルで漕ぐタイプ
②コアラデザインのペダルで漕ぐタイプ
③一般的な手漕ぎボード

の3種類を選ぶ事ができます。30分単位での貸し出しで、①②は510円、③は410円です。
※ボートは土日祝のみの営業で、午前10時~午後5時まで。

貸しボート小屋の前に面白いものを更に発見!
「コイのエサ」がソフトクリームのコーンに満載して50円で売られていました。
無人販売の小銭箱に中に50円を入れ、コイのエサを持ちボートに乗る事にしました。

私たち親子が乗ったのは、白鳥のペダル式ボート。
その日は天気も良く、すいすいボートを漕ぐだけでも気持ち良く娘も大喜びです。
池のある一角で、ついにコイを見つけました。それも群れになってボートに集まってきます。
さっき買ったコイのエサをまくと、さらに大量の群れが集まってきます。



実際にエサをあげながらコイを触る事ができ、公園にちょっと遊びにきたつもりが、私も娘も大満足で結局3回もボートに乗ってしまいました。
3種類のボートを制覇しましたが、手漕ぎボートはペダルタイプに比べ数が少ないので、タイミングが悪いとちょっと待たされるかも知れません。

ボートを満喫し、駐車場へ向かう帰り道。
プールを利用して、シーズンオフは釣り堀にしているのを発見し、ちょっと寄り道。
貸し竿&エサ(1時間・1030円)でマスを釣りました。3匹まだ無料で持ち帰れます。
子供向け(低学年くらい向け?)で楽しめ、どんな釣り方をしても必ず3匹はゲットできると思います。
※釣り堀は、毎週月曜がお休み、午前6時~午後5時まで。(週末はナイター営業で午後9時までのようです)

どんな公園なのか見に来たつもりが、すっかり魚に縁のある一日となりました。

ボートが一押しの、とても魅力的な公園です。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年05月22日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。

著者情報