さいたまにあTOP >> 観る

春日部市名物大凧あげ祭り

1021views

このエントリーをはてなブックマークに追加

春日部市(旧庄和地区)の江戸川河川敷で大凧あげ祭りが、今年も行われました。

GWの初夏の陽気の中で日本一の百畳敷と呼ばれる縦15m横10mもの大きさの凧がふわりと宙を舞う瞬間は、かなり見応えがあります。引き手も100人を超えて、迫力満点です。また、大凧に書かれる文字は、一般から募集され、2006年の今年は「景気」「上昇」、昨年は「日本」「元気」でした。これらの文字が大空を舞うなんてなんだか縁起がかつげそうですよね。



さらにこのお祭り、初節句を迎える子供達の健康と健やかな成長を祈念する行事でもあります。参加した子供たちは、この大凧の前で祈祷をしてもらいます。さらに大凧に子どもの名前も書いてくれていて、子供の名前も空を舞うんです。後日、その凧そのものの子供の名前部分を記念に下さいました。また、大凧と同じ柄の凧で名前入りのものも作っていただけたんです。こちらも保存会の職人のみなさんの手作りだそうです。



また、大凧の他にも小さな凧や連なった形の凧なども祭りを盛り上げ、出店なども出ますので、初節句を迎えられるお子さんをお持ちのファミリーはもちろん(初節句のお祝いについては事前に申し込みをします。春日部市在住でなくてもOKのようです)どなたでもピクニック気分で一日を過ごすのにオススメできます。

なお日時は、毎年5月3、5日。場所は、西宝珠花地先江戸川河川敷で東武スカイツリーラインの春日部駅から当日はバスがたくさんでますのでバスの利用が便利です。

その他の記事

この記事へのコメント

本記事は2014年08月04日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。

著者情報