さいたまにあTOP >> 食べる

西武秩父駅からのグルメ旅

1628views

このエントリーをはてなブックマークに追加

え、駅でグルメ?なんて思うかもしれませんが西武秩父駅凄いです。

まず駅を出れば目の前の景色を全て飲み込んでいる圧巻の武甲山。石灰岩の山であるために現在は採掘で山肌が大きく削られていますがそれが1枚岩っぽい感じを出していてより迫力が増して見えます。



そして改札を出たらすぐにある『西武秩父仲見世通り』名前の通り神社などでよくある仲見世通りと同じで、それが駅に直結しているというスタイルです。

200mほどの通りの左右には多くのお店が並んでおり、道の中央には茶屋の椅子みたいなのが多くあります。購入したものをそこで食べれるようにもなっていて居心地が良さそうです。この仲見世通りでは秩父グルメが堪能出来ます。秩父B級グルメの『わらじカツ丼』『味噌ポテト』食べれます。他にも麦とろメシや手打ちそば、そして秩父ラーメンなるものもガッツリあります。グルメ意外にも本格的な味噌屋さん、酒好きにはたまらない秩父の名酒イチローズ・モルト、地元特産品のしゃくしな漬、豚肉の味噌漬け、など本当に色々あります。仲見世中央には開けたスペースがありイスとテーブルが無数にあります。ビールも売っているためビアガーデン風になっています。つまみは各お店から買ってきて外飲みってのも楽しそうです。



ここ西武秩父駅を起点として歩ける範囲だけでも色々楽しめそうです。
徒歩3分で行ける御花畑駅に向かう途中にはタイ料理屋さん『バンコク』があります。ここは仲見世通りのお店がしまった後も遅くまでやっているので便利です。アルコールメニューも豊富です。お酒と言えば御花畑駅、ほぼ駅と同化している立ち飲み屋さんもオススメです。

レトロな駅と一緒に生きているようなカウンターのみのお店。普段そいういうお店に入りにくい人でも全然入れる雰囲気です。実際女子会になってました。お酒がちょっとという人にはカフェもあります。西武秩父駅から市役所方面、熊木町にある本格珈琲店『千茶古』歩いて10分ほどであります。古民家風のレトロな感じで、いつものカフェとは違った天井の高い木造りの空間やお洒落な陶器のカップで珈琲をいただけます。素材にこだわったケーキなどもあるので女の子とかはとっても魅力的だと思います。

他にも駅付近にはカフェや食事処、多くあります。西武秩父駅付近だけでも色々なグルメを堪能できてしまいます。また、ここからのアクセスで色々な観光地にも行けますのでそれらと合わせて楽しむことでよりバリエーションが増えると思いますよ。例としては『秩父羊山公園の芝桜』(開花時期は4月上旬から5月上旬)。秩父神社などへのお参り。近隣の山々の登山。色々ありますね。GW時期オススメです。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年08月14日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。

著者情報