さいたまにあTOP >> 食べる

浦和で九州の味を堪能できる からあげ専門店「鳥笑」

1508views

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はテレビや雑誌で大注目の飲食店にスポットを当てます。それは埼玉県さいたま市浦和区にあります、からあげ専門店「鳥笑」です。「鳥笑」はからあげの聖地と呼ばれている大分県中津市発祥のお店で、関東に初めて進出してきたため、浦和のお店は「鳥笑本店」と名乗っています。

期間限定で大型ショッピングセンターに出店をすることもあり徐々に人気が高まるとともに、日本唐揚協会が主催する第二回からあげグランプリで、東日本しょうゆダレ部門で金賞を受賞した国産若鶏100パーセントの美味しいからあげを提供しています。



からあげ専門店「鳥笑」にはJR浦和駅から徒歩10分弱の所にありまして、東口の正面にあるパルコを横目に国道463号線方面へ歩いていきます。交差点の角にある小さなお店ですので駐車場はありませんが、写真の通り派手な看板とのぼりが立っていますので、すぐにお店の場所が分かります。



午前11時のオープンに合わせてお店を訪ねると数人のお客さんが集まっていました。レジ横の壁には多数のメディア出演情報が掲示されており、埼玉県のローカル局であるテレビ埼玉の取材を受けたこともアピールしていました。



早速、唐揚げを注文することにしました。単品からお弁当までバラエティ豊かなメニューラインアップとなっており目移りしてしまいましたが、やはり名物のしょうゆダレの唐揚げや密かに人気が高いチキン南蛮も食べてみたかったのでMIX弁当を注文しました。モモとムネの唐揚げ1個ずつとチキン南蛮の組み合わせです。



店内には小さな丸椅子が2つ並んでいるだけで店内で食事ができる雰囲気ではなく、レジ前も2.3人程度しか入ることができません。弁当が出来上がるまで丸椅子に座って待つことにしました。



丸椅子の前にはドリンクケースが設置されており「秩父路メロンサイダー」やテレビ埼玉の番組ロゴシールが目に止まりました。



店主の方に写真撮影の許可を頂き、調理をしている様子を写真におさめました。パチパチと油がはねる音がして食欲をそそります。たっぷりの油で揚げていくのでジューシーな唐揚げができるようです。



完成したお弁当を受け取りお店の外に出てみると、赤いベンチが設置されておりそこで食事をすることも可能ですが、タバコが吸えるスポットでもありますし国道463号線の目の前で車通りが多いため、他の場所で食べることにしました。



それではMIX弁当をご覧下さい。黒ゴマのかかったご飯と唐揚げは別の入れ物になっていますので、油が染みこんでしまうことはありません。お弁当なので少量のポテトサラダとタクアンがついていました。



唐揚げとチキン南蛮のアップ写真です。チキン南蛮にはたっぷりとマヨネーズがかかっており味を引き立てていました。唐揚げもタレがしっかりと染み込んでいて、特にモモ肉が美味しかったです。その他にも砂肝やピリ辛のチキン南蛮、そしてファミリーセットなどお得な商品もありますので、何度も通ってみたくなるからあげ専門店「鳥笑」です。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年11月20日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。