さいたまにあTOP >> 食べる

初の川越散策でまず向かった先は川越氷川神社

1238views

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日、初めての川越散策へ行ってきました。川越散策に行くきっかけとなったのは、川越氷川神社が縁結びで有名だとテレビでやっていたのを教えてもらったのがきっかけでした。
川越駅からバスに乗ってまず始めに川越氷川神社へと向かいました。



到着したのが9時を過ぎていたのもあって、有名な縁結び玉はすでに終了していました。七五三や厄払いに訪れていた人も多く見受けられました。バスを降りてすぐそばにありました。

縁結びと言えば、恋愛が一番に思い浮かぶと思うのですが、それも含めて、色々な人やものとのいい縁があればいいな、そしてそれを大事に出来ればいいなと思ってお参りをしてきました。ちょうど風鈴回路がやっていたので、その下をくぐってきました。



色々な種類の色があり、とてもきれいで印象的でした。また、絵馬の回路もあり、たくさんの絵馬が結びつけられていましたし、絵馬を書いている人も結構おられました。お守りも色々とあり、並んでいる人もいて人気があるようでした。

そんな中、私は人形流しがあったので、そちらを初体験してきました。



どんどん流れていく人形に祈りを込めて見守ってから、御朱印を頂きました。私にとって御朱印集めはその寺社のいい縁を持ち帰り、お守り代わりに大事にしているものです。

いつもは、人が多くいる場合には御朱印を書いて頂くのに時間がかなりかかることもあるのですが、今回はそんなこともなく、意外とすんなりと頂くことが出来ました。

中に入って分かったことなのですが、バスでついて入った鳥居の他にもう一つ鳥居がありました。それがとても大きなオレンジ色の鳥居でびっくりしました。


その他の記事

この記事へのコメント

本記事は2014年12月17日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。