さいたまにあTOP >> 観る

アニメ「ローリング☆ガールズ」の舞台へ行ってみた~所沢~

1265views

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月期のテレビアニメ「ローリング☆ガールズ」が面白いと話題になっています。このアニメはオリジナル作品なので、テレビや許諾を得て放送している動画サイトなどで初めて見たという人が多いと思います。

架空の世界において「東京大決戦」という地方自治体同士の戦いが終結した10年後が舞台となっており、未だに一部の自治体が自警団同士の争いを繰り広げるというストーリーで、根強い共同体意識と地元愛から生まれるトラブルが事の発端となっています。その中でもスポットライトが当てられているのが「埼玉県所沢市vs東京都東村山市」でしたので、早速アニメの舞台となった所沢市へ行ってきました。

なぜ所沢市を訪ねることにしたかと言いますと、画面に文字が流れる動画サイトやSNSなどで「所沢市の地名なんて分からない」という言葉がチラホラと見られたからです。近畿地方の毎日放送やテレビ愛知、そして鹿児島県の南日本放送に福岡県のTVQ九州放送、そして全国を対象としたBSなど広く放映されているにも関わらず、地元民しかしらないようなマイナーなスポットが多数登場するので、写真付きで多くの方に紹介できればと思ったのです。



大決戦や自警団という不穏なフレーズが並んでいますが内容はギャグアニメであり、たとえば「団員がピクニックの用意をしているのでお茶を飲みながら話し合いで解決できないか」とリーダーが提案をしてしまうほどです。埼玉県所沢市の自警団の名は「日吉町プロペラーズ」と言います。



この名称の由来はおそらく所沢市日吉町に実在している「プロペ通り」からきているものと思われます。所沢市は航空発祥の地として有名であり、航空記念公園などの観光スポットがあります。所沢駅西口の駅前に直結している通りで、ゲームセンターやドラッグストアそして飲食店やコンビニエンスストアなどが揃っています。「日吉町プロペラーズ」の本部もこの辺りに設けられているという設定です。

第1話の中盤辺りで自警団の団員たちがリーダーへ見回りの報告をする場面があるのですが、そこに登場する各観光スポットの写真を掲載します。まず一人目は「駅前ロータリーとプロペ通り異常なし」と報告をします。



2人目の男性は「航空公園園内およびその周辺異常なし」と話します。





3人目の女性は「狭山湖畔と山口観音、おさんぽ日和です」と明るく報告をします。



第1話から第2話にかけて「所沢ゆうえんち」という架空のレジャースポットがバトル会場になるのですが、写真のような大きな観覧車が映ります。しかし、実際に所沢市にある遊園地は「西武園ゆうえんち」であり名称が変わっています。東村山市の自警団がジェットコースターの細工をして破壊をしたり爆破するシーンが登場するので名前を変えたのでしょうか。

ちなみに自警団の人たちは「モブ」と呼ばれ基本的に戦闘へは参加をせず、「モサ」という特殊能力を持ったヒーローが代表して戦うことになります。埼玉県所沢市のモサは「マッチャグリーン」という戦隊モノのヒーローのような格好をした女性です。





所沢市は狭山市に近いので狭山茶が生産されており、このような名称になったのでしょう。主人公の実家はお茶屋さんで、所沢市の名物である「焼きだんご」も登場していました。「焼きだんご」などの名物については、後日記事をアップしますので、ぜひご覧ください。このように「ローリング☆ガールズ」は所沢市民や埼玉県民の地元愛を掻き立てるような観光スポットが多数描かれている埼玉アニメなのです。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2015年02月25日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。