さいたまにあTOP >> 食べる

埼玉県産小麦のモッチリとした食感が旨い「全力つけ麺多万吉屋」

1121views

このエントリーをはてなブックマークに追加

普通のラーメンも美味しいけれど、最近では「つけ麺」にハマっています。つけ麺の方が麺の味、つまり小麦の味を堪能できるので最後まで美味しく食べられるのです。地元の埼玉県で美味しいつけ麺屋さんを探していたところ、魅力的なお店を見つけました。その名も「全力つけ麺多万吉屋」です。店名からして、つけ麺にこだわりを持っていることが伝わってきます。



まずはこちらの看板からご覧ください。店名だけでなく看板にも全力さが表れています。建物の一部が板張りになっておりラーメン屋らしい雰囲気が出ています。



住所は埼玉県戸田市新曽で、JR埼京線の戸田駅の目の前にあります。写真はお店の前から駅の入口を撮影したものですから、その近さがよく分かると思います。



開店時間は昼の11時30分で閉店は夜中の1時となっており、ラストオーダーの12時30分までに入店すれば、会社帰りや飲み会の帰りに立ち寄ることが可能です。お店を訪ねた日は昼前に到着したので、店内はまだ誰もお客さんがいませんでしたが、店外にベンチがあるということは時間帯によっては混み合うほどの人気店なのでしょう。



全力つけ麺多万吉屋に魅力を感じた一つの理由がこちらの製麺所です。ガラス張りになっており製麺をしている様子を見られます。粉が舞ったのか少し白く見えていますが、これから食べる麺がここで作られたのかと思うとワクワクします。



一人でお店を訪ねましたのでカウンター席に案内されました。入口に券売機が設置されていますので食券を購入してから席に着きます。



料理が提供されるまで席に置かれていたパネルを読みます。お店によってはどのように食べて良いのか困ることがあるので、このようなパネルがあると助かります。一番上に「まず麺を食す」と書かれていまして、何もつけずに麺だけを食べるということですが、麺に自信を持っていなければこのような書き方はできませんので期待大です。



お店の中には、つけ麺に使用されている食材の産地が貼られていました。一番注目したのは麺に使われる小麦でハナマンテンブレンドという埼玉産のものです。複数の埼玉産の小麦の名前が貼られていましたので、こだわりをもって選んでいるようです。



数分待つと料理が出てきました。注文したのは「鶏そばつけ麺」で、澄んだスープに柚子胡椒が添えられているのが特徴です。



まずはパネルの指示通り、麺だけを味わってみることにしました。他の店では麺だけで食べるという経験がなかったので楽しみでした。麺の表面に茶色いポツポツが見えており、普通のラーメンの麺とは異なります。見た目からしてモチモチとしており、食べてみると仄かな甘味が口に広がります。スープにくぐらせてみても、麺の存在感は失われず最後まで美味しく頂けました。



カウンターにスープ割りのポットが置かれていますし、何とカレー粉を少し入れるだけで味に変化がもたらされます。埼玉産の麺や食べ方にこだわりを持つ「全力つけ麺多万吉屋」でした。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2015年07月07日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。