さいたまにあTOP >> 遊ぶ

再び注目を集める秩父!大自然を満喫「アウトドアセンター長瀞」

787views

このエントリーをはてなブックマークに追加



埼玉県の秩父地域を有名にした傑作アニメ「あの花」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が実写化されるということで、再び注目を集めている秩父です。すでに秩父ではロケが始まっているようで、現場に巡りあった人もいるそうです。その大自然を誇る秩父で、ラフティングやカヤックなどのアクティブなスポーツを楽しむのなら「アウトドアセンター長瀞」がオススメです。



アウトドアセンター長瀞へは秩父鉄道の上長瀞駅が最寄り駅となっており、改札を出まして川方面へ直進し左折したところにあります。さらに先には、巨大ザメ「カルカロドン メガロドン」の模型展示で有名な「埼玉県立自然の博物館」もあります。長瀞駅からは徒歩で約15分ほどかかってしまいます。関越花園インターチェンジを下りて自動車で向かうことも可能です。



ラフティングツアーの集合場所近くには、たくさんのカヤックが収められていました。ちなみに2015年6月現在で、カヤックのレンタル艇参加費は7,500円(税込)となっています。



ゴムボートで長瀞の激流を下るラフティングの参加費は、一人あたり7,000円(税込)であり、その他にレンタルシューズ代などがかかります。大きなゴムボートなので安定感がありそうでした。



さらにアウトドアセンター長瀞では敷地内で宿泊することも可能であり、オートキャンプとアクティブスポーツのセットプランも用意されています。



スポーツのあとにバーベキューで盛り上がるのはいかがでしょうか。食材やドリンクを用意してもらえるプランがあります。



テントで寝るのは少し苦手という人であれば、ログキャビンを借りることも可能です。これなら虫などを気にせずにゆっくりと休めそうですね。



さらに周辺には「長瀞荘」などの民宿もありますので、こちらを予約しておいてアクティブスポーツやバーベキューだけ、アウトドアセンター長瀞で楽しむという方法も選択できます。



上長瀞は長瀞八景にも選ばれるほどの絶景であり、マイナスイオンたっぷりの自然に囲まれて過ごすという、秩父を満喫するのに相応しいスポットです。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2015年07月31日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。