さいたまにあTOP >> 食べる

えっ、ゼリーのフライ!?その秘密は…「行田グルメ」

579views

このエントリーをはてなブックマークに追加



ゼリーのフライと聞いたら、以前話題になったアイスクリームのフライのようなものかと驚いてしまいますよね。最近では、埼玉県行田市のゼリーフライがB級グルメとしての知名度が上がっており、その正体を知っている人も多いのではないでしょうか。さらに「行田フライ」と呼ばれるお好み焼きのような食べ物も、行田グルメとして有名です。



ゼリーフライの「こぜにちゃん」と、行田フライの「フラべぇ」はヌイグルミにもなっており、マスコットとして市内各地で見ることができます。



北関東に展開している、お持ち帰り弁当チェーンの「じゃぱん亭」にも、ゼリーフライがメニューに掲載されており驚きました。チェーン店はどこのお店も同じようなメニューだと思っていたのですが、ゼリーフライがいかに行田市で根付いているかが分かります。今回はゼリーフライを実食してみることにしました。



この形、何かに見えてきませんか?そうです、小判の形をしているのです。「銭(ぜに)」が「ぜにー」となり「ゼリー」と訛って、ゼリーフライになったという説が有力です。



割ってみるとポテトコロッケのようにも見えますが、パン粉が使われておらず「おから」を素揚げしたものなのです。そのため油っぽくありませんし、とても食べやすい一品です。私が訪れた時は1枚80円で、たった1枚の注文でも快く引き受けてくれました。イートインスペースも設けられていましたので、アツアツな状態をいただきました。とてもシンプルな食感ですが、ホワっと体と心が温まる名物グルメです。



行田市は駅を離れると畑が多く、「古代蓮の里」の土産物屋にも行田産の野菜が所狭しと並んでいました。



せっかく行田市で有名な観光スポットである「古代蓮の里」へ訪れたのであれば、蓮を使用したお茶やスイーツを味わうのも良いですね。



行田市で有名なものといえば、稲荷山古墳の鉄剣です。これも「鉄剣せんべい」として行田グルメになっていました。



浮き城や『のぼうの城』として有名になった忍城のお酒も作られています。純米酒や純米吟醸を片手に、行田旅行を振り返ってみたいものです。



秩父鉄道秩父本線・行田市駅のすぐ近くには、埼玉銘菓として有名な「十万石まんじゅう」の本店もあります。これも小判の形をしており、ゼリーフライと通ずるところがあります。
このように、市内各地でグルメと出会える埼玉県行田市でした。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2015年11月20日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。