さいたまにあTOP >> 観る

川口のパワースポット グリーンセンター

798views

このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県川口市大字新井宿700にありますグリーンセンターは地域住民の憩いの場となっており、芝生広場や温室そして花壇などに沢山の植物が並んでいます。

またグリーンセンターにはパワースポットがいくつかありまして、花や植物を鑑賞しながらエネルギーが充電できるのです。


開園時間は午前9時から午後5時で午後4時までに入園しなくてはなりません。

定休日は毎週火曜日で祝日に重なるとその翌日に変更されます。

年末年始は閉園していますが1月3日は新年特別開園として無料開放されています。

交通アクセスは近くの駅から徒歩で向かうほか、複数の駅からグリーンセンター近くに停車する循環バスが出ているので便利です。

グリーンセンターでは年間パスポートが発行されていますので、四季折々の花々を眺めながらパワースポットをまわることが可能です。

入場して少し上方を見上げあると早速パワースポットが見えまして、彫刻塔「波貌」というものがあるのです。



市の名前が川口ですので、川の流れを表現した4本のステンレススチールで構成されており小高い丘の上に建てられているため、かなり大きな作品に見えます。

内側は鏡状になっていますので太陽の光が差し込むことで綺麗に輝き、天に届かんばかりの光景を見せてくれます。

ツツジが咲き乱れる春にグリーンセンターへ行きますと花に囲まれながらパワースポットを堪能することができますし、雪が少し積もった中で見る彫刻塔も乙なものです。

入口近くから眺める「波貌」も魅力的でしたが、実際に真下へ行って見上げあると彫刻塔と空が直結しているような風景となり、天と地のそれぞれからパワーを供給してもらっているかのような感覚を得られます。

その他にもグリーンセンターにはパワースポットがありまして、入口ゲート前には年季の入った五燈用門柱燈が飾られていたり、福島県のあぶくま鍾乳洞から切り出した鍾乳洞岩石も置かれています。

この石は8000万年前のものですので近くに立つだけでパワーが伝わってくる感じがしました。

すぐ隣には大噴水があったり定期的に大量の水が流れ落ちる滝がありますので、マイナスイオンをたっぷりと浴びることができ、パワースポットとの相乗効果を得られます。

そして国歌にも登場する「さざれ石」も飾られていまして、長い年月をかけて作られたということが分かるような大きさのものです。

タイムカプセルや一等三角点、彫刻作品などもありますのでグリーンセンター内をゆっくりと歩いてパワースポットめぐりができます。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年04月07日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。