さいたまにあTOP >> 観る

歩道に手形がズラリ!幸手市「ハッピーハンドレリーフ」&謎のイルミネーション

2088views

このエントリーをはてなブックマークに追加



幸手を英語で直訳すれば「ハッピーハンド」ということで、
埼玉県幸手市で見つけた「ハッピーハンドレリーフ」をご紹介します。
幸手青年会議所が企画して、毎年ハッピーハンドにふさわしい著名人を選出しており、
スポーツ選手や芸能人たちを表彰して手形を押してもらっているのです。



市役所内にもレリーフがあるとのことですが、今回は東武鉄道日光線・幸手駅周辺で見かけた手形を撮影してきました。
表面がプラスチックで覆われ、四方を金属でカバーしたものが歩道沿いにズラリと並んでいるのです。



訪れた当日は雨だったのですが、100メートル近くにわたり多くの手形を見ることができました。



それでは何枚かご紹介していきましょう。
ハッピーハンドレリーフの企画初年度(1988年)の受賞者は、
男性が水泳のソウルオリンピック100メートル背泳ぎ金メダリストで、
スポーツ庁長官も歴任した鈴木大地さんであり、
女性がソウルオリンピックシンクロナイズドスイミングで銅メダルを受賞した小谷実可子さんでした。
指先でも表現するというシンクロナイズドスイミング選手らしい、スラリとした指ですね。



中畑清さんや宮沢りえさん、有森裕子さんに毛利衛さんらが続き、
1994年には女性初の宇宙飛行士である向井千秋さんが受賞しました。
「夢に向かってもう一歩」というようにメッセージ入りの手形もあります。



2000年にはシドニーオリンピック金メダリストで、国民栄誉賞も受賞した高橋尚子さんです。
最近ではプロ野球の田中将大さんや、タレントのローラさんらも名を連ねています。
ぜひ、全てのレリーフを見に行ってください。



ところで話は大きく変わって、観光パンフレットや観光協会のサイトでは紹介されていなかった名所をご覧に入れます。
遠くから見るとネオンが輝いていて、ホテルやパチンコ屋かなと思ったのですが、
近づいてみると巨大なイルミネーションアートでした。立体的に見えますが、これ全てネオンなのです。



訪れたのは4月でしたが、クリスマスツリーのイルミネーションもそのまま飾られていました。
場所は幸手市役所の前で小道を入ったところに巨大な駐車場があり、そこが会場となっています。
旅行で幸手市を訪れる前に、様々なサイトやパンフレットを見て行ったのですが、
この情報は掲載されていませんでした。



子どもたちに人気のアンパンマンやジバニャン、ドラえもんなどもイルミネーションアートになっています。
マイカーで訪れて写真撮影をしている人が多かったです。



ちなみに翌朝早くに訪れてみると、このような状態になっています。
これは日中だと気付けないでしょうし、あの素晴らしい光景が見られるとは想定できないと思います。
インターネットで検索すると「小沢道路株式会社」が有志会社を集めて制作しているようですが、
情報の更新は平成19年でストップしていました。
少なくとも2016年4月にはこの企画が続いていましたので、冬頃にイチかバチかで見に行ってはいかがでしょうか。

その他の記事

この記事へのコメント

本記事は2016年08月01日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。