さいたまにあTOP >> 観る

140年の歴史を誇り地域住民に愛される調公園

1237views

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウサギが神使となっていたり鳥居が設置されていないことで有名な調神社のすぐ隣には、調公園という中規模サイズの公園があります。

この公園は何と140年もの歴史がありまして、1871年に埼玉県が発足したのち1873年から公園制度が開始され、その翌年の1874年には調公園が誕生しているのです。

現在ではかなり整備されていまして、休日だけでなく平日も多くの地域住民が利用しています。

埼玉県さいたま市浦和区岸町にあり、JR浦和駅から徒歩で向かうと約10分ほどで到着します。

一般の公園ですので入場料は必要ありませんし24時間開放されていまして、公園の真ん中の舗装された道は通勤通学にも利用されています。

多くの樹木が植えられていますので、公園全体が日陰となっており夏はとても涼しいです。



調公園では4月に桜の花見が行われまして、多くの人出で賑わいます。

焼きそばや焼き鳥などの屋台が出店しますし、家庭から持ち寄った弁当やお酒で楽しいひと時を過ごせます。

7月には浦和まつりが周辺地域で開催されますので調公園にも伝わってきますし、毎年12月12日の「十二日まち」というお祭ではこの公園がメイン会場となります。

公園の通路には熊手や飲食物を販売する屋台と射的などのゲーム屋台が多数立ち並び、地域住民だけでなく県内各地から多くの人が集まってきます。

公園の奥の方では見世物小屋のようなお化け屋敷が建てられ、中の様子は毎年それほど変わらないのですが、幼少時に戻ったような懐かしい気分を味わえます。

調公園には子ども用の簡易アスレチックだけでなく、大人がトレーニングできる平均台やぶら下がり器具のような施設も揃っていまして高齢者がストレッチに利用することがあります。



公園の中心には小さな池や噴水がありまして、周囲には多数のベンチが置かれていますので木陰でゆっくり休むことも可能です。



そして「平和の灯」という旧浦和市時代の平和事業として建立されたモニュメントがあり、一時期はぺんぺん草が生えたりタイルが剥がれて老朽化していましたが、定期的に修繕や清掃されるようになりました。

トイレも設置されていますし、今では少なくなった公衆電話も備え付けられていますので、万が一の時でもすぐに関係各所へ連絡をとることができ安心して過ごせます。



隣が神社の境内ですし住宅地の中にある公園ですので、とても閑静でゆっくりできます。

公園の隅には自治会が利用する「調公園内ふるさと亭」という施設があり、Wifiも設置されているなど設備が充実しています。

その他の記事

この記事へのコメント

マップ

本記事は2014年04月14日時点での情報ですので、場合によっては適用されないこともあります。あらかじめご了承ください。